2016年02月04日

立春

_DSC5108.jpg


<立春 りっしゅん> - 2016.2.4

今日は、立春。暦上では、春のはじまりです。まだまだ寒さは続きますが、それでも少しづつ暖かくなり、変化の少ないように思える冬景色でも春への準備が着実に進んでいるころです。

2016年2月のカレンダーは、芽吹きのネコヤナギ。これは、私の家のそばの緑道の景色。毎日のように歩くこの道で、目にする枝先が少しづつふくらんでいくのが毎年のように楽しみです。ふくらんだ先から、銀白色のかわいらしい花穂を咲かせます。気づくとけっこう身近にあるので、ぜひ探してみてください。ヤナギには、ほかにもいくつも種類があるとのこと。私も今年はほかのヤナギ探しもしてみようかと思っています。

 **

2月「如月 きさらぎ」 新月●8日/満月○23日

<立春 りっしゅん> - 2016.2.4
暦上の春。夏至と秋分の中間の日。このころから少しづつ暖かくなる。

<雨水 うすい> - 2016.2.19
降る雪が雨に変わり、雪や氷が溶け流れ出し草木や田畑を潤すころ。

 **

2016 Calender - 季節のめぐり、その愛おしさ - は、ほとんど手元からなくなりました。
たくさんのみなさんにお渡しさせて頂き、本当にありがとうございました。

みなさまの新しい年が
季節の景色とともに、そのめぐりを身近に感じ
健やかでゆたかさに満ちたものでありますように。
また多くの地に平和がありますように。
posted by momo at 15:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

2016 Calender - 季節のめぐり、その愛おしさ - のお知らせ



_DSC2991.jpg


今年も早いもので、最後の月を迎えました。
寒いのは苦手なのですが、冬の光と光を透かして見える景色はとても好きです。

2016年のカレンダーを制作しました。

季節ごとの自然の景色をカレンダーにしたいと
はじめて2014年のカレンダーをつくりました。一年間、側に飾って頂いたみなさまから、
来年のはないの?とたびたび聞かれたのですが、昨年後半慌ただしくしているうちに2015年のをつくることができませんでした。
来年のは必ずつくろうと、心に決め、2016年のカレンダーが無事にできあがりました。


_DSC2781.jpg

2014年版から引き続き、新月・満月と二十四節気が入っています。

今年は、月を旧暦に、そしてよりみなさんが暦を身近に感じて頂けたらと、
最後に二十四節気の解説のページをつけました。

_DSC2735.jpg

この節気はどんな意味かな?と思ったら、ペラっとめくって確認頂けたらうれしいです。

デザインは2014年の時と同じさっちゃんに、印刷は松山の松栄印刷さんにお願いしました。
さっちゃんのデザイン、今回もとても素敵で、印刷もとても丁寧に仕上げて頂きました。

_DSC2757.jpg




今年は年明けから明るいニュースばかりではありませんでした。

そんななかでも、日々、季節はめぐり
芽吹き、花が咲き、実が実り、雨が落ち、風が吹き
月は満ち、また欠けてゆく
そんな季節のめぐりや自然のいとなみに
人だけの世界でない、“ 生きている ”ことのたしかな感覚を感じて
それを頼りに日々を過ごすことができたように思います。

みなさまの新しい年が
季節の景色とともに、そのめぐりを身近に感じ
健やかでゆたかさに満ちたものでありますように。

気になりましたら、
お手元に飾って頂けたら、うれしいです。


     * * *


2016
Calender

- 季節のめぐり、その愛おしさ -


momo yago 矢郷 桃
東京育ち。写真家。

地球の美しさや調和を楽しむのが好きです。
淡々と流れていく、日々のなかでも、
ふと目を向けると出会う、自然のさまざまな姿。
季節がたしかにめぐっていることを感じ、
そしてその姿ひとつひとつに愛おしさを感じます。
身近な日々のなかで、また足を伸ばした旅先で、
出会った景色を、カレンダーにしました。
みなさんが季節のめぐりへそっと目を向ける、
きっかけになって頂けたらうれしいです。

photo / momo yago
desing / sachiko ito

定価:1,400円(税抜)

○満月 ●新月
二十四節気
日付・解説付き


     * * *

ご購入は以下のお店から、お願いいたします。
どのお店もとっても素敵なお店です。

カフェ イカニカ(自由ヶ丘)※販売終了
気流舎(下北沢)※販売終了
○ カフェ いずん堂(鷹の台)※販売終了
○ 有機八百屋 野良(北浦和)※販売終了
水戸芸術館 ミュージアムショップ(水戸)※販売終了
ホホホ座(京都)※販売終了
日々(松山)※販売終了
tsugu to cate(松山)※販売終了

お陰さまで、販売数が残りわずかとなりました。購入は、直接購入のみになります。よろしくお願いします。

また、遠方の方は、郵送での直接の購入も受付けております。
※レターパックライト(350円)でお届けします。
※送料(350円)込みで、1,400円(税込)にて販売になります。お得です。
※振込先をカレンダー送付と一緒にお知らせします。後日お振込をお願いします。
※何冊かご購入頂いた場合は、割引があります。贈り物やご挨拶にもどうぞ。

お申し込みは mail : momo☆t3.rim.or.jp(☆を@に変更してお願いいたします) まで。
お名前、ご住所、電話番号、希望冊数をお知らせください。


     * * *

各月の様子はこちら。

_DSC2740.jpg

1月:立ち枯れたセイタカアワダチソウ 2月:ネコヤナギの芽 3月:ハクモクレン

_DSC2742.jpg

4月:ナノハナ 5月:シダレサクラ 6月:ホタルブクロ

_DSC2746.jpg

7月:ダリア 8月:夏山の草花たち 9月:キバナコスモスとアキノエノコログサ

_DSC2752.jpg

10月:立ち枯れた草花 11月:クサギ 12月:冬のバラ


posted by momo at 03:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

アメリカの旅の報告 & 『ホピの予言』上映会


チラシ用.jpg


もうすぐ8月、広島・長崎の原爆投下から今年で70周年、終戦70周年。
暑さを迎えた蒼空の下、平和とは?なにか、どうあればよいのだろうか?そんなことを考えてしまいます。
みなさんの心のなかにもさまざまの想いが巡っているように感じています。

4月にアメリカ アリゾナに行った旅の報告と映画『ホピの予言』の上映会を開催します。
7月4日にほびっと村にて辰巳玲子さんをゲストに開催しましたが、今回は私一人での報告です。ゆっくりと旅でのことをお話したり、参加して頂いた方ともお話できたらと思います。

70周年を向かえるこの夏、みなさんとさまざまに考える機会のひとつになればいいな、と思っています。お時間とご興味のある方、ぜひご参加下さい。

 * * *

「平和の人」とは誰なのか
〜 アメリカ平和行進&旅の報告 & 『ホピの予言』上映 〜

広島・長崎への原爆投下からこの8月で70周年目を迎えます。今年4月末にNY国連にてNPT(核拡散防止条約)再検討会議が開かれました。それに向け、ウラン採掘、核実験など、長く核開発の犠牲となってきた先住民の土地を訪れ、大陸を横断し、祈り歩く平和行進が日本山妙法寺のみなさんにより行われ、私はその一部アリゾナでの行進に参加してきました。また行進参加後、先住民のホピ族&ナバホ族の土地を訪ねてきました。
聖なる大地との暮らし・生きる権利を守り、地球の調和への道を願い歩くことは絶えることなく続き、私たち日本とも厚くつながり日本山妙法寺や、宮田雪監督の映画『ホピの予言』へとつながっていきました。
2011年の震災と原発事故後、私たちは母なる地球との調和とバランスを見つめ直す時を迎えているように感じています。またふたたび戦争へと向かうかのような空気のなか平和へ想いを問い直す時を迎えています。
「ホピ」とは「平和の人」という意味ですが、ほんとうの「平和の人」とは誰なのか。数多くの先人のみなさんが歩いて来られた未来へ続く道を、ともに想い、参加して頂いたみなさんと一緒に思う時間にできたらと思います。

 * * *

7月26日(日)に鎌倉と、8月8日(土)に下北沢にて、2ヶ所で開催します。
詳しくは↓

続きを読む
posted by momo at 01:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。