2013年03月04日

書籍『花のしつらい、暮らしの景色』



8-3783.jpg



「天然生活」で2年間撮影させて頂いていたフラワースタイリストの平井かずみさんの連載
「花のしつらい、暮らしの景色」が書籍となり、3月1日から発売になりました。

春、梅雨、夏、秋、冬、それぞれの季節の中で、どこか遠くへ出かけなくても、
いつもの道すがら、足元の花に、家々の垣根から覗く木々に、季節の巡りを感じるものです。

平井さんの花は、けっして仰々しいものではなく、
いつも、そうした日々の暮らしの中で、季節ごと、出会う花を感じ、
家の中に取り入れしつらえる、その喜びと幸せを伝えています。

私もかずみさんと出会ってから、季節のうつりかわり、道ばたに咲く花々に出会うこと、
日々がより豊かに愛おしいものになりました。

みなさんの日々が、より豊かに幸せになるヒントがいっぱいの本です。

是非手にして頂けたら幸いです。


 ** 



「花のしつらい、暮らしの景色」


はじめに

何気なく通るいつもの道の見慣れた風景。ちょっと目線を変え、そこに佇む草花に目を向けてみれば、自然から”季節の知らせ”をもらっていることに気づきます。春には足元に咲く黄色いタンポポ、梅雨には毎日、少しずつ色づくアジサイ、秋にはどこからともなく香るキンモクセイ……。こんなふうに、季節の移ろいを感じることができたなら、それはもう”花との暮らし”が始まっています。
そう思えば、花を飾ることもふんと身近に。私が提案する”しつらい”とは、外の景色をそのまま家の中に取り入れる、ということ。花をしつらえるのに難しい決まりごとはありません。ただ一輪でもいいし、器は普段使いのものでいいのです。
本書では、季節を「春」「梅雨」「夏」「秋」「冬」の5つにわけ、それぞれの季節の花のしつらいをお伝えしています。季節のめぐりとともに草花と暮らすことは、小さな喜びにあふれていると感じて頂けたらし幸せです。



 ** 


それに合わせ平井さんのHPもリニューアル。
TOPに写真を使用頂きました。こちらも是非ご覧になってみて下さい。



『花のしつらい、暮らしの景色』(発行:地球丸)
posted by momo at 17:30| Comment(0) | しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。