2014年09月16日

書籍『THE OLD TOWN スタイルで楽しむ エイジング加工の家具と雑貨』発売のお知らせ


今年春、寒さが残る頃から新緑が葉をのばす頃まで、
しばらく撮影を重ねたものが、9月はじめに発売されました。

_DSC6183.JPG


THE OLD TOWN スタイルで楽しむ エイジング加工の家具と雑貨
著者:伊波英吉(発行:家の光)

 **

アンティーク感やヴィンテージ感を与える、
エイジング加工での家具や雑貨づくりをしている伊波英吉さんの本です。

_DSC6192.JPG


今まで私もDIYや趣のある家具や雑貨に興味はあるけども、
購入するものなんだか?つくると言ってもどうやっていいか?
となかなかきっかけがなかったのですが、
撮影中、伊波さんのテクニックと出来上がっていく作品を見ていたら、
とっても素敵で、思ったよりもずっと難しくなく、
DIY心がうずうずしてきました。

_DSC6205.JPG


伊波さんは、まだお若い方なのですが、千葉の林を切り開き、自分でお家を建て、そこを工房とご自宅にしています。伊波さんのご両親は沖縄出身、お父さんが植物好き、普段は寡黙だけど、植物を語らせると話が止まらない。お母様はアンティークを暮らしに取り入れ、お料理の時の器や花にも気遣いとてもスタイリッシュ。お父さんの経営する園芸店を手伝っているうちにエクステリアや植物を入れる器などを自分でつくるようになり、それが楽しく、気に入ってくれる人も増え、独立をしたとのこと。
伊波さんは、独特な感性の持ち主。小さい頃から団体行動が苦手、修学旅行にも参加しなかった、電車に乗るのも苦手…、など。でもその感性を生かした伊波さんの作品と暮らしはとっても素敵でした。

_DSC6203.JPG

_DSC6208.JPG

_DSC6220.JPG

_DSC6214.JPG


“ Do it yourself ”

買うだけでなく、自分でできること。

自分の好きなものと向き合うこと。
自分の暮らしや生活を楽しんで、工夫していくこと。

料理もお裁縫も住まいや暮らし…
そう、日々食べる野菜やエネルギーだって、そうあれる!

社会から与えられた価値観だけでなく、そこから“ 自由 ”になる。
そんな価値観が世界で日本の各地で増えてきているように感じています。

伊波さんの作品や暮らし、そのスタイルに触れさせて頂いた撮影は、
私も普段感じていたことと、ピンとつながり、
またDIYがとても楽しく感じ、すごくワクワクしました。

本の中と同じようにつくらなくてもいいと思う。
参考になるアイデアやテクニックがたくさんあります。

DIYが楽しく、身近に感じて頂ける一冊になればと思います。

気になった方ぜひ手にしてみて下さい。


posted by momo at 15:24| Comment(0) | しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。