2012年05月22日

映画「内部被ばくを生き抜く」


120517_hida.jpg


2007年に「六ヶ所村ラプソディー」という映画を見てから核の問題にこころを寄せるようになりました。友人たちと「六ヶ所村ラプソディー」の上映会をしたり、私の暮らす街下北沢で「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映会をしたり、映画だけでなく自分の目で見てみたい自分の言葉でも感じてみたいと青森県六ヶ所村、山口県上関町の祝島へも足を伸ばしました。そんな中、鎌仲ひとみ監督ともお話させて頂く機会を頂き、肥田舜太郎先生をご紹介頂きました。

肥田先生は、67年前戦時中の広島で陸軍病院で軍医をされ、原爆投下により自らも被爆。そして、戦後被爆者の救援、被爆の実態の解明に尽力をつくし、核廃絶を願いその足を世界へも向けてきました。原爆が投下された8月6日には勤められていた広島陸軍病院の慰霊碑に毎年足を運ばれ、2010年広島での一日に同行させて頂きました。

その鎌仲ひとみ監督の最新作『内部被ばくを生き抜く』が4月に完成、そのフライヤーに私が撮影をした先生の写真を使用して頂きました。

同行させて頂く中で、ここまでたゆむことなく歩まれてきた先生のお話をたくさん伺うことが出来ました。自らも被爆者でありながら、自らの感覚を失うことなく生きてきた歩みは、広島での悲惨さや被爆の恐ろしさを知るお一人としてはもちろんのこと、”変化を願う、今・生きる私たちひとり一人”に響いてくるものと感じています。そして、先生のとても元気でチャーミングな笑顔と優しい目に、私も元気とまた歩く力を頂いたように思います。

戦後、核兵器や日本・世界の原発の拡大、チェルノブイリの事故、イラクの劣化ウランと核の利用は続き、福島の事故へといたってしまいました。映画の中では、内部被ばくの脅威から生き抜くことに尽力される肥田先生をはじめとする4人の医師と、福島で生き抜こうとする方々が出て来られます。生きることがただたやすいものではなくなってしまった今、どう生き抜くことが出来るのか、生きていくのか、私たち一人ひとりに気付きがあると思いました。みなさんに是非見て頂きたい作品です。

機会を頂きました鎌仲ひとみ監督、肥田先生、本当にありがとうございます。


映画『内部被ばくを生き抜く』/監督:鎌仲ひとみ/2012/制作・発売・配給:環境テレビトラスト
DVD4月28日発売/UPLINKにて上映中。自主上映も受付ています。


posted by momo at 16:58| Comment(0) | しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。