2012年10月01日

花のしつらい、暮らしの景色 〜菊の節句


111105_ikanika_14.jpg


今号のしつらいのテーマは”菊”。
かずみさんが秋の草花でとても好きだそう。

〜菊のかわいらしさに気がついたのは、花の教室のために那須の畑から菊を届けてもらうようになってから。露地栽培で育てられた菊は、太陽に向かって自由に茎を伸ばしています。その不ぞろいな咲き方が暴れん坊のようで、愛きょうがあるのです。

〜 旧暦の9月9日は「菊(重陽)の節句」。邪気を払い長寿を願って、部屋に菊の花をしつらえたり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わしたりしたそう。

とのこと。菊といっても大きさも色もさまざま。私も以前、かずみさんと一緒に秋の那須のおじゃまし、秋の光の中、色とりどりに愛嬌いっぱいに咲く菊のかわいらしさにうきうきしました。
しつらえでも、そんな菊たちひとつひとつのチャーミングな様子の伝わる、しつらえの提案をしています。ヨーロッパでは菊のことを「マム」と呼ぶのだそうです。かずみさんの生ける器によって和にも洋にもなる、しつらえの提案がとても素敵です。

旧暦の9月9日は、新暦ではいつかと調べてみたところ、
10月23日(火)大安、でした!

私もこの日に菊のしつらえを楽しんでみれたらいいな、と思いました。

『天然生活11月号』 (発行:地球丸)
平井かずみさん 花のしつらい、暮らしの景色 〜菊の節句


posted by momo at 00:00| Comment(0) | しごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。