2013年07月05日

夏至を迎えて


_MG_1036.JPG


_MG_1026.JPG



夏至の日の前夜、急に思い立って、終電で真鶴に行った。

友人と分かれた後、行く準備などはなにもしてかったのだけど、たまたまカメラは持っていて、洗面や着替えなどはなんとかすればいい、と乗った電車で勢いでそのまま向かった。
真鶴は、子どもの頃よく家族で遊びに行ってた場所。太平洋に突き出た半島の町。ぼろいけど、父のマンションがあって、そこに泊まって、少し横になって、夜明け前にむくりと起き、半島の先まで、一人歩いた。駅からマンションに向かった道では降っていた雨が、やんでいた。

真鶴には半島の先を囲む原生林がある。暗い原生林を一人歩くと、カラス達が暗闇のなかでカァカァ鳴いて、夜明け前の黒い原生林のシルエットに響いていった。
原生林をぬけるともうすぐ半島の先。夜明けはもうすぐと、海が見えた地点でふと目をやると、日が昇るだろう場所が桃色に光っているのが見えた。夏至や春分の日に朝日を見に、近所や時には少し足を伸ばすことを続けてきたけども、夏至の頃は、いつも厚い雲に覆われて、日が輝くのを見たことはなかった。

桃色に輝いていたのに驚いて、半島の先に急いで歩いた。
海へ降りる途中の階段から、桃色に輝く雲と、それが海にも反射して、目の前が桃色に包まれた。
思わずそこで立ち止まり、手を合わせた。

その時間は、ほんのわずかだった。
色はしばらく経つとすっとなくなり、
いつも見る厚い雲に覆われた色のない空が広がった。

夜明け前の光と色はあっという間に消えて、それから海岸へと降りて行った。海岸には誰もいなかった。



_MG_1038.JPG

_MG_1037.JPG



15年位前の同じ季節の頃を最近思い出す。暑さに向かう空気に身体をまじませようとしていた頃。
私はある一日を自然の中で過ごした。暗闇を抜け、夜明け向かい、だんだんと明るくなる空と姿を現す自然の中で、広い空の下にただ立つ私、を知った時。朝日が昇り、世界の美しさとただあることの美しさを知った時。その頃も世界は混沌としていたけど、戻った日常でも、特に見栄のあるような、特別な日々でなくても、ただそこにいる心地よい感覚に包まれていた。ただの学生で、何ものかもわからなかったけど、可能性に包まれているようにも感じてた。

あれから、ずいぶん時がたって、今・世界の混沌は隠すことができなくなっているように感じる。
この間、出会った人が私に話してくれたこと。

「あの時見た、感じたものは、
今・これからは、日常にひろがっていくのだろうね。何気ない日々の中に。」



_MG_1045.JPG

_MG_1057.JPG




しばらく海を眺めて、原生林をまた戻った。行きに気になった鳥居を見つけ、お参りしてみた。
山の神さまだった。真鶴は漁の町、豊富な海の幸は、山と森があるからと、漁師たちが祀った神様だった。

震災以降、海を訪れていなかった。
海や山にごめんなさいが言えてよかった。

光は一瞬だったけど、失われたわけではない。
日々をあの頃のように、ほほえみを持って、
この世界の心地よさを感じる方へ、
暑さになじませる身体のように、生きていけたら、いいのだろうか。
そんなことを感じてる。



posted by momo at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

『花のしつらい、暮らしの景色』出版記念の写真展 トークイベント&アフターパーティーのお知らせ


hana02.jpg


4月23日より、自由ヶ丘のカフェ イカニカにて、『花のしつらい、暮らしの景色』出版記念の写真展〜 季節のめぐり、その愛おしさ 〜を開催しております。

展示はまだこれから続きます。私がイカニカに在廊の日もありますので、
ぜひ足を運んで頂けたら幸いです。

在廊の日→ 17、18、21、25、26日 を予定しています。

*26日(日)は、イベント開催の為、
通常営業は15時まで(14時ラストオーダー)となります。
予めご了承ください


詳しくは こちらにて

そして、最終日になります5月26日に、
トークイベント&アフターパーティーを開催することになりました。
みなさまと楽しい最終日を迎えることができたらと思います。
ご参加をお待ちしております。


● トークイベント&アフターパーティー

トークイベントは、聞き手および進行役として、
「くらしのおへそ」(主婦と生活社)をはじめとする
数々の雑誌や書籍の編集、また昨年の4月に発売しました
エッセイ「生活美人」でもご一緒していただきました
編集者の一田憲子さんをお迎えします。
また、ゲストには「花の会」などでのお花をいつも
届けてくださる那須の花農家、池田夫妻をお招きして、
『花のしつらい、暮らしの景色』の制作秘話や、
花と写真を巡る様々なお話しします。

トークイベント終了後のアフターパーティでは、
cafeイカニカより、お食事とお飲み物をご用意。
ご参加いだたいたみなさんと一緒にくつろいだ時間を
過ごせればと思っています。

お時間の許す限り、ごゆっくりお過ごしください。
ご参加お待ちしております。

_______________________________________________

■日時:5月26日(日)
16:30開場
17:00〜(トークイベント)
18:00〜(アフターパーティ)
■場所:cafe イカニカ
■参加費:3,500円
(お食事&ドリンク/ブーケのプレゼント付き)
■定員:25名様予定(予約先着順)
5月9日(木)20時よりお申し込みの受付を
メールにて開始いたします。
(今回はお電話でのお申し込みは受け付けておりません)

メール cafe*ikanika.com (*を@に変換してください)
必要事項@お名前A参加人数Bご連絡先のお電話番号を
明記の上、お申し込みください。

【メールにてお申し込みの際のお願い】
お申し込みを頂きましたら、cafe イカニカ から申し込み確認の
メールをPCより返信致します。
携帯メール等をご利用の際、PCからの受信拒否設定等をされている場合、確認メールを受信頂けない場合がございます。設定を変更していただくか、PCメールからお申込みください。よろしくお願い致します。

_______________________________________________

出演:矢郷 桃(写真家)
平井かずみ(フラワースタイリスト)

ゲスト:池田展康・美和子(那須・花農家)

聞き手:一田憲子(編集者)

お食事:cafeイカニカ

お問い合わせは cafe イカニカ まで
Tel 03-6411-6998



posted by momo at 01:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

写真展「flow and pass away, shimokita」のお知らせ


shimokita_mix_01.jpg


下北沢は小さい頃からのなじみある繁華街でした。
その下北沢は、東北沢から世田谷代田までの小田急線の地下化にともない
3月23日をもって、景色が変わりました。
開かずの踏切も、古く味のある駅も使われなくなりました。
電車が走る音も踏切の音もなくなりました。

それまでに写真を撮っておこうと思っていたら、
ご縁を頂き、下北沢で写真展を開催することになりました。
写真を展示させて頂く、Cafe Mixtureは、素朴な味わいのパン屋さん。私もたびたび訪れていたところです。パンもとっても美味しく、カフェとしてゆっくりとした時間も過ごすことができます。
お気軽にお越し頂き、思い出をみなさまとシェアできたら幸いです。


shimokita_mix_02.jpg


flow and pass away, shimokita
〜 下北沢の境界が消える、それまでと、これまでの軌跡と記憶

momo yago 写真展

 --

3月23日、下北沢の風景が変わりました。

下北沢はこどもの頃からなじみある繁華街でした。

細い露地を歩いてお気に入りのものと出会ったり
心地よいカフェでゆく景色を眺めたり本を読んだり
友人と駅で待合せしたり、そのまま街へ出かけたり
のぞいた店や道で顔なじみと出会ったり。
そのなにげない日々に街の景色がありました。

街の中に記憶がある、記憶の中に街がある。

みなさんと思い出をシェアできたらと思います。

 --

bakery&cafe Mixture(下北沢 一番街)
世田谷区北沢3-31-5
http://www.cafe-mixture.com/

日時:4月20日(土)〜5月6日(月・祝日) mixtureの営業時間中―7:30〜21:00(※不定休)

 --

また4月23日〜5月26日、自由ヶ丘のcafé イカニカにて、『花のしつらい、暮らしの景色』出版記念 写真展
〜季節のめぐり、その愛おしさ〜を開催します。こちらは長い期間の展示です。

詳しくはこちら

新緑のきれいなとてもよい季節。
足を運んで頂けたら幸いです。


続きを読む
posted by momo at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。